一番古い映像  [矢野沙織]

いつもここへ目を通して下さっている皆さんありがとうございます。
改めまして、こんにちは矢野沙織です。

唐突ですが、皆さんの一番古い記憶にある映像はなんでしょう。

いや〜参ったよ〜なんて小首をかしげながら「幼き日の父と母の彼是…」なんてことを思い出されても困惑しきりのこと請け合いなので、ここは音楽映像、アニメーション等々に限った話しをしましょう。

私の場合、チャーリーパーカーでもセーラームーンでもビリーホリデーでも、ウッドストックでもない、【MC Hammer〜too Legit to quit】です。
ハマーに出会うより先にジェームスブラウンはとても好きであったのにも関わらず、記憶の底にはまさかのハマー。

006.jpg

昨日か一昨日にフと思い立って大好物のYouTubeで探して、おそらく15,6年ぶりにPVを観てみたところ、昨日も観たんじゃないかと思うくらい細部までマスターしている私がパソコン画面前に鎮座していました。

「ウナじゃが
ウナじゃが食えっ!

ウナじゃが
ウナじゃが食えっ!

ギンポギンポ
ギンポギンポギンポ

ギンポギンポ
ギンポギンポギンポ」

今となってはそんなこと言ってるわけがないと重々予想は立ちますが、
小さな時はウナギとじゃがいも、インゲンなんかで色味を加え飴色に甘辛く煮たような「ウナじゃが」という料理があり、それをゴッドファザーとハマーがしきりに「食え」と薦めているもんだと自然に理解していました。

ギンポというものがものすごく気持ちの悪い魚だと知ったのはいつだったか父親と従弟と釣りに出掛けた小学生の時だったので10年くらいは前だと思われます。
その時も無言で「ウナじゃがの歌のセカンド・リフ部分のギンポはこれだったのか。」と自分の中で、静かに驚愕と落胆を煮合わせたものです。

そんな初夏。

では、また次回。


矢野沙織
2008年06月17日23:23 | Comment(30)

大人になれてよかった。  [矢野沙織]

こんにちは矢野沙織です。

大人になれて本当に良かったと思いつ早2年余りが経とうとしていますが、
フと思い返せば五月病ラストスパートだったんだろうと思われる先日の写真です。

005.jpg

義理も情けも
涙も夢も
昨日も明日も縁の無い詞

などと思うことで悦に入り気味のローティーンの皆さん。
気持ち、解ります。

でも大人になると楽しいもんです。

ではまた次回。


矢野沙織
2008年06月02日16:50 | Comment(31)

ギロッポンで  [矢野沙織]

こんにちは、矢野沙織です。

先日、天才ピアニスト松永貴志氏と六本木で会食いたしました。
初めて彼と会ってから、共演した回数の少なくとも十倍の回数は遊んでいると思いますが、いつもとても楽しい会合になります。無論、その日も漏れ無く。


ですが本題はそこではなく、六本木会合の帰り道。
電車も無くなったなあ、くらいの時間に松永氏と別れた後、
六本木に来たのになあ、ともてあまし気味だったためドンキホーテにゆこうと思い、
六本木交差点からドンキホーテに歩いていると、デカくて真っ黒なジョンコーヒーの様な大男に話し掛けられました。

ギロッポン、深夜、生物学的分類「女子」
この条件が揃えばナンパ未満の声が無数に、そして果てしなく無駄にがかかるものなので大半の女子がそうするように普段からあまり気にせず歩きます。
がジョンコーヒーはやたらしつこい上にやたら日本語が下手でした。
だいたいギロッポン外人はある5単語くらいは非常に流暢なものなのですが。


背後からずっと話し掛けられているのは解っていたのですが、特に反応もせずに100メートルくらい歩いたところでジョンコーヒーは私の肩をガッとつかみ、がっつり肩を組み始めました。
「おおお?!これ結構ヤバいんじゃないか?!」とびっくりしていると、小声で「英語は喋れるのか?」と。
まあ多少は、的なことを答えると
「もう逃げなくていい」
━ ごめん、多分人違いだ。

「俺と待ち合わせしてたってことにしよう。」
━ ごめん、多分人違いだ。

「いいから警察に行こう。な?俺も付いていってやるから。」
━ ごめん、多分人違いだ。

「ダーイジョブダーイジョブ。(日本語)」
━ ごめん、多分人違いだ。

「泣き寝入りすることはない。君は悪くないんだ。」
━ ?

「警察に行ったら裁判。裁判をするってことは証言をしなきゃいけない。」
━ ??

「そいつはかなりキツいだろうし、女の子にとっちゃそりゃあ恥ずかしいことだろう。さそがし屈辱的だろう。でもそれを勇気を持って果たして、慰謝料をもらい、ママのところへ帰った君をバカにしたり悪口を言う奴なんかいないさ。
乱暴なんかする奴がいい思いしてることなんか無いんだ!そんな奴最悪!ファ○ク!…悪い。」
━ ごめん、多分人違いだ。

「…俺の話し聞いてたか?」
━ …

というようなやりとりをワンセットとして、最低三回は繰り返したところ、
どうやら彼から見た私の服装が乱暴にあったか乱闘した後に見え「こりゃあえらいこっちゃ」と、勘違いし追って来たらしい。

その日の服装はというと、黒い皮ジャン、
白いTシャツ(ビリビリ)、
ジーンズのミニスカート(ボロボロ)、
厚手の黒タイツ(ビリビリに破き、さらにほつれを加えた手製品)、
ブーツ。
更にその日は雨風の強い日で、私の金髪頭はボッサボサでした。

大分誤解が解けた後に、
ナンシーになれると思ったんだ、などと供述してみるもなお「本当に大丈夫なのか?」と言うジョンコーヒーは、その後手早くタクシーを拾ってくれ、それでも
「金はあるのか?無さそうだな。」
━ 一言余計だなあ。

「母ちゃんは家にいるか?メシは食ってるのか?食ってるだろうな。」
━ 本当に一言余計だなあ。

と、この期に及んで心配を振り撒き、「なんでも困ったらすぐ誰かに言うんだぞ。みんなキョウダイ、大丈夫だ。ダーイジョブダーイジョ…」
言い切らないうちにドアは閉まり、手を振って別れました。

スティーブン・スピルバーグ作「グリーンマイル」劇中の心の優しいジョンコーヒーは、その優しさあまり普通より多くの情報を得てしまうがために、彼にとって俗世があまりに生きづらく、進んで冤罪のままに死刑執行を望み、その望みは叶ってしまう物語です。

六本木で会った彼は、顔や声や体格があんまりジョンコーヒーに似ているので変に心配してしまいますが、
こんな人もいるんだなあ、でも絶対こんな人ばかりじゃないから気を付けよう。
とぼんやり思いました。


では、また次回。


矢野沙織
2008年04月26日03:16 | Comment(28)

ナポレオンダイナマイト  [矢野沙織]

みなさんこんにちは。
早くも毎年恒例の五月病の到来に恐れおののいている矢野沙織です。

かなり久しぶりにスーパー深夜、むしろ明け方特有の変な映画タイムに浸かってしまいました。

2004年公開、ジョンヘダー主演の「ナポレオンダイナマイト」
一口に、高校生の主人公ナポレオン・ダイナマイトの日常を描いた映画です。
それ以上は期待しないでください。

遠い記憶、
ニューヨークにて、向こうにありがちないわゆる風刺誌のような…率直に言うと下世話な安雑誌。これらの安雑誌はカテゴリーで別れていて、だいたい「政治モノ」「アメリカンアイドル○○激写系モノ(ほぼ大した写真ではない)」「ハリウッドスター○○激写系モノ(これに関しては本人かすら真偽不明)」「公開中のエンターテイメント批評モノ」「スターポロリモノ」こんな感じに別れます。ちなみにスターポロリモノは2ドル高い。

で、映画でも見ようかと思っていたのでエンターテイメント批評モノを立ち読みしていた時に、この「ナポレオンダイナマイト」は非常につまらないとの酷評を受けていて、あまりのつまらなさに物凄い形相で怒り狂った人の写真には仮に感嘆符を一文字とするならば95%が伏せ字の吹き出しがついていました。

2004年はどんな年だったかな、と公開映画基準で回想すると有名どころだと「華氏911」「キルビル2」「ミスティックリバー」日本だと「世界の中心で愛をさけぶ」「半落ち」「ラストサムライ」「着信アリ」「いま会いにゆきます」などが公開された年です。
私が好きなのは「キルビル」と「半落ち」です。
寺尾聰氏の素晴らしさと華氏911でのマイケル・ムーア監督の強力なアレでアメリカが色々アレしたというのが真実なのか都市伝説なのかはさておき日本では、俗に云う「彼氏か彼女が結構大変な感じで死んじゃう系」、今日の「恋空」に繋がるあの感じのハシリが誕生した年なんですね。(※あくまで私の感覚です。)

そんなデーハーなハリウッド界並びに日本映画界でもナポレオンダイナマイトはあまりに影が薄かったのでしょう。

しかも私もナポレオンダイナマイトを激推しすることはできませんが、五月病対策としてはかなり有効な映画だと感じました。

あまりに暇な方、是に是非。

では、また次回。


矢野沙織
2008年04月21日17:18 | Comment(2)

バリ島2  [矢野沙織]

皆さんこんにちは、矢野沙織です。

またまたバリへ行って参りました。

今回はスパやエステに行ったりボディボードに興じたりと色々と動いてみました。

初めてマリンスポーツなるものを体験したのですが、まさかたかが膝下まで海に入ったレベルで死のにおいを感じるとは思いませんでした。

ボディボードは足ヒレを着けて行うのですが、その足ヒレはもうあれです。殺人兵器です。
一度海に入ると前に進めない。そして更にすぐに転ぶ。
そして一度転ぶと立ち上がることはできない。
しかも波は意外とあり得ない力で体を引っ張り更に引きずり打ちのめす。

もうほんとにびっっくりした。
できるわけない。

サーフィンもやってみたけど、先尖りすぎでしょ。幅も意外と狭い。立てるわけがない。

というような楽しい旅をしてきたのに私が撮った写真はヤモリの赤ん坊の写真一枚だけでした。
004.jpg

ではまた次回。

矢野沙織
2008年04月16日17:35 | Comment(3)

マイケルジャクソンが好きすぎて困る。  [矢野沙織]

こんにちは、矢野沙織です。
幼少期から持っていたマイケルジャクソン熱がここにきてひどく発熱している春を過ごしている矢野沙織です。
朝方に予告なしにマイケルがテレビに出たりすると、もう逆春眠ナニを覚えず状態になってしまうのです。

傍らではマイケルジャクソンのポスターを探し、YOUTUBEの素晴らしさを痛く感じている日々です。

顔、形、しまいに色まで変わっても声って変わらないんだなあ。などということはあまり考えてはいけませんし、おっさんっていうかおばさんに見える時があるのも気のせいです。

そういえば以前とある切っ掛けで、ニューヨークへ行った際に見たゴシップ誌にて、
近年ではパイレーツオブなんちゃらや、うんとかと楽しいチョコレート工場などで話題を博しているジョニーデップ氏の演技のインスピレーションは、マイケルジャクソンから受けているという記事を思い出しました。
二枚目俳優なのにも関わらずだいたいの作品で奇っ怪な動きをしている彼に対するぼんやりとした疑問が見事に晴れてゆきました。
「マイケルジャクソンの映画をやるならマイケルの役は僕しかいない。」
と言い切った彼もまた、かなりのキレ者です。

では、また次回。


矢野沙織
2008年04月01日15:00 | Comment(16)

口紅  [矢野沙織]

皆さんこんにちは。矢野沙織です。

先日、
女子の永遠の夢。ココシャネルのアイテムを初購入致しました。

003.jpg

職業柄口紅を塗ることができないため口紅の知識も経験値も0です。
「一番赤いやつ下さい」と言って出して頂いたこの口紅。一体いつ塗るのかかなり考えものですが、やはり思い描いた通りの期待を裏切らない確固としたフォルムに魅力を感じざるを得ませんでした。

これで、私もやっとバスルームに伝言を書くことが出来るようになったということで、また次回。

矢野沙織
2008年03月12日23:15 | Comment(22)

ゴールドディスク大賞  [矢野沙織]

こんにちは。矢野沙織です。

この度、本当にお陰さまで今年のジャズ部門ゴールドディスク大賞を頂きました。

001.jpg

002.jpg

「去年の今ごろは…」なんて思い続けて早5年経ちますが毎年毎年、去年の今ごろには予想もできない素敵なニュースに恵まれています。

さて此れ期に益々精進してゆきたし、な限りです。

今後もひとつどうかよろしくおねがいいたします。

では、また次回。


矢野沙織
2008年03月09日12:33 | Comment(14)

ひなまつり過ぎ。  [矢野沙織]

みなさんこんにちは、矢野沙織です。

みなさんはひなまつり如何様に過ごされたでしょうか。

私は買い物に出掛け、久々の大ヒットアイテムに出会うことができました。
080304_0034~01.jpg
最悪履いて歩けることは確認済みです。

あと、元々ネイル大好き人間な私ですが
なんと今日、私至上最高のネイルデザインが完成しました。
080303_2117~01.jpg
手の背景は、どこぞのシャレオツカフェのテーブルです。
実はこのところ、ネイルデザインがピンと来ず「スランプだ…」と思っていたのですがこのデザインをベースにすることの今後の展開に未来が見えました。


では、また次回。

矢野沙織
2008年03月03日20:35 | Comment(6)

リトルタイニーツアー  [矢野沙織]

こんにちは、矢野沙織です。
もう春ですね。
皆様如何お過ごしでしょうか。


私の方は、2月27日でリトルタイニーツアーが終わりました。

080227_2136~01.jpg

会場にいらしてくださったお客様、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


自分の好きな格好をして、自分の好きな音楽をやって生活ができて、尚且拍手まで頂ける私は大変なもんだなあ、と改めて感じました。


また、どこかで皆様にお会いできることを楽しみにしております。

では、また次回。


矢野沙織
2008年03月02日00:18 | Comment(7)