Radio-i  [矢野沙織]

こんにちは、矢野沙織です。

先日、
名古屋が世界に誇るピアニスト後藤浩二さんとラジオ対談をさせて頂きました。
01.jpg

その次の日朝目覚めると、なぜか乾いた小さな小さなエビが枕の下にいました。
02.jpg
そんな9月。

では、また次回。

矢野沙織


2007年09月21日18:19 | Comment(5)
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも楽しくBlog拝見してます。

うーーーん、その小エビがどこからやってきたのか、気になります。
しかも枕の下へもぐりこんだんですよね。

ところで、少し深酒をしてそのまま寝入った次の朝、足の裏に海苔が張り付き、髪の毛に裂きイカが絡んでいたことあります。

では、また遊びにきます.
Posted by ことら at 2007年09月23日 07:58
はじめましてTamonkeyといいます。
東京JazzCircit2007@ネオ屋台村のLiveよかったです。
自分はウッドベースをしてますが今後のJazz人生にとって
とても貴重で衝撃的な時間でした。
それではUSAでのレコーディング頑張ってください。
次回のアルバム・ライブ楽しみにしてます!
では。
Posted by tamonkey at 2007年09月23日 11:51
なぜ小エビが?という事は私も何度か経験あります。(これが伊勢海老だったら怖いが)
先日の“みゅーじん”を見ました。
母校でヤマハの楽器YAS-32?を吹いていましたね。コーンとはまた違った(明るい)感じで、“これもまた良いのでは”と感じました。私は中学のときYAS-31を吹いてました。
Posted by マサキチ at 2007年09月24日 00:50
どんな9月じゃい〜!
って。ツッコミを入れるのが、
今の風潮でしょうが。

そうではなくて、本当に感心します。
貴女の文章の、展開のうまさに。

人は、知らぬ世界を知りたいけれど。
心にイガイガを感じるのは、
受け付けない。
でも。
何となく気になり、それが忘れらくなる。
男女の関係みたいなもんですね。
それは、JAZZのアドリブのように。
即興でありながら、
期待と安心感。


そう。
矢野沙織の演奏そのまんまですね。
失礼しました〜。って、古すぎる。(失笑)

Posted by 新井裕一 at 2007年09月24日 20:32
どこの枕の下??名古屋??

しらすぼしに混ざってる奴?

Posted by DUGっ子 at 2007年09月25日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。