ベニスビーチでの出会い。  [矢野沙織]

こんにちは。まだロサンゼルス臭を引きずっている矢野沙織です。


ベニスビーチで出会った楽しい様子を余すことなくお伝え致します。

photo_03.jpg

彼、八歳だそうです。
既に自らをミスターエアブッシュと騙るその正々堂々ぶり。まじうける。
それがまた巧いんです。ベイシックなブロックスタイルはもちろん、自分がすっぽり入ってしまうような大きな円や真っ直ぐなストライプをスプレーで一筆で描き上げてしまうのです。
あまりよく見えませんが彼の後ろに写っているのは彼の作品です。
彼から聞いた話では、このウォールは誰でも自由にグラフィティを描くことができるので、ものの30分で壁全面に描いてあった絵が代わるそうです。
ここに愛の告白文を描いてその上に返事をする、なんて流行りもあるらしいです。彼はそれを試したかどうかは教えてくれませんでした。
それから彼は私のあまりに無防備な手荷物について、激怒していました。しかも数回。
「盗んで下さいと言っているようなものだよ。本当に仕方ないなあ。正気かよ。」と。
10以上も年下の人間に正論をもって本気で激怒されるのはなかなか感慨深いもので、流石の私もかなり反省しました。
皆さんも訪れる機会がある時はご注意を。


ベニスの辺りはやはり未だにスケーターのメッカでした。
その昔なガイマリアーノ、ジェイクラップ…エレメントやチョコレート派の大スターを産出したのもこのカリフォルニアの土地であることが頷けました。
んなこと言ってみる私がスケートできるのか、って出来るわけもない。なんとも嫌な丘スケーターです。

ついでに彼の妹。

photo_04.jpg

彼女を泣き止ませるにはスプレー缶を渡すのが一番だ、とか。

やはり土着の産物には敵いませんね、と日本人ジャズマンが言ってみるのは少し悲しいですが、ジャズはともかく少なくとも彼らについてはそう感じました。


それではまた次回。

矢野沙織


2007年05月10日17:57 | Comment(5)
この記事へのコメント
What's up!

ブログ開設、嬉しいです。
ありがとうございます。

"I & I"を創ってくださる矢野沙織さんと、自称ミスターエアブッシュくんへ、エールをおくります。

「10以上も年下の人間に正論をもって本気で激怒されるのはなかなか感慨深いもので」というお言葉は、それこそ感慨深く、僕はもう人生を半分折り返しているけれど、よくよく覚えておきます。

Posted by ささき at 2007年05月12日 06:35
沙織さん、異国の地ロサンゼルスで色々な経験をしているのですね!
ミスターエアーブッシュ君偉いですね^^;
私も南米ブラジルに住んでいた事があるのですが、確かに日本と海外の環境の違いが違いますね!
でも、異国の地ですばらしい人との出会い!これからの沙織さんの更なる躍進に繋がるのではないでしょうか!
これからもすばらしい音色を日本中に響かせてください(^^)
Posted by ヨッキ at 2007年05月13日 01:24
ブログ解説ずっと待ってました★
一度見てみたい!!!きっとすごいんだろーなー♪

これからもチェックしてるから頑張って下さい↑↑
Posted by asami at 2007年05月13日 09:17
沙織さんはスプレー缶は使わなかったんだ。サックス聞かせたらミスターエアブッシュはどう反応したかな。

デビュー当時から応援しています。ライブまたいきたいです。次のアルバムはいつですか?

またきます!
Posted by chibinke at 2007年05月13日 23:38
ブログはじめたのしらなかった!!
めっちゃうれしい〜♪
去年の岩見沢キタオン・ジャズフェスティバルから
すっかりファンになってしまったものです。
お仕事忙しいとは思いますが、
頑張ってくださいね〜!
Posted by 黒烏龍茶 at 2007年05月14日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。