秋の終わりと太宰治  [矢野沙織]

明日から立冬だというけれども、やっぱりまだまだ身体は秋を捨てきれないままですよね。

春でもない夏でもない、
秋でもない冬でもない。
そういう曖昧な季節にどうもよぎるのは太宰作品。


『女生徒』などの女性目線の作品で見せる、女でも子供でもない季節の女性性のいやらしいまでの愛らしさや、太宰自身が貴族であることへの嫌悪と誇大妄想。それに相反する執着とこだわり。

例えば「葉蔵」として自らを登場させた代表作である人間失格。
太宰が見たであろう鏡が綺麗すぎたり悲劇すぎたりして、主人公葉蔵に歪みを見せながらも「道化」になりきれなかった自意識の高さをうかがい知れる。

黙って、それが当然だと、ある部分では誰しも道化を演じて、生涯出来るだけ穏やかにしてみせるのが人間の大多数殆どだろうに、太宰は「自分は道化を演じている」と作品中で素晴らしい具合に泣きわめく。

戦争が悲しくて、汚ないのが悲しくて、人が死んでしまうのが悲しくて、いつもいつも逃げていた太宰。
終戦後は作家として無頼派を宣言し『斜陽』『ヴィヨンの妻』などなど、あんまりにも素晴らしい泣き言を残している。

私の周りで夜な夜なに何か文学の話など気取ってみる時に、親しい人が「太宰は女々しくてやだわ。」と言うのも分かる。

お道化になって人を安心させるどころか、かなりたくさんの近親者を心配させ続けながら連発したであろういつもキレキレの「僕は素敵で可哀想なんです。」ベースのフレーズの嵐。

他に私が好きな俳優、演奏家同様、好きな作家である太宰治の背景はそこまで詳しくはないですが、『桜桃』などの書き上げ切った晩年の作品は、もう年寄りの様な達観と、「まだ言ってんの?」と言いたくなる様な繊細すぎる描写が目立ちます。
当時まだ彼は30代後半だったんですね。

何度かの心中未遂でうっかり亡くなったりして。

男の逃げ腰を、憤りを覚えるほどに素晴らしく書き上げた太宰作品の文庫本は、いつか私が女生徒だった頃、いやもしかしら女子児童だった頃から通学や入浴中にいつでも開き、なんの藻屑とも分からなくなるまで読んでは買い、を繰り返したので、手元にある綺麗なのは今年の5月に買った記念本だけでした。

太宰の皮肉通り、私は男より快楽を余計に頬張るとします。

秋でも冬でもない掛替えのない今時分、
子どもでも大人でもない年齢の帰る事の出来ない感性、
どうぞ大切にしながら風邪など足元にお気を付けてお過ごし下さい。

矢野沙織

201401106_blog.JPG

矢野沙織 Twitter 随時ツイート!
https://twitter.com/yanosaori_jazz

矢野沙織 ライブスケジュール

11/13(木) 大阪 BillBoard LIVE OSAKA
詳細はこちら

11/14(金) 名古屋 Blue Note Nagoya
詳細はこちら

12/4(木) 大阪 ミスターケリーズ
http://www.misterkellys.co.jp/

12/23(火・祝) 銀座 SWING
http://ginzaswing.jp/

12/28(日)西新井カフェクレール
http://www1.adachi.ne.jp/clair/

詳細はオフィシャルホームページ 及び 各店へ
http://www.yanosaori.com/
2014年11月06日19:49 | Comment(1)
この記事へのコメント
太宰治が入水自殺した歳と同じ30代後半のアラフォー男です。矢野沙織さんとは違い、ここ1年でようやく読書が根付いてきた遅咲きアラフォー男です(笑)
太宰治は最後に入水自殺を遂げるのですが、そこに至るまでカルモチン等の薬物中毒等、それは現代に通じる人間の弱さが伝わってきます。それは同年代に差し掛かる私にとって、共感できる部分があったりします。主に暗いヘヴィーな内容が女性に敬遠されたりしますが・・・。そんな太宰治の作品でも、「津軽」はちょっと違った感じで、なかなかユーモア溢れる文体で好きですね。貴族院で大地主の家にコンプレックスを抱き飛び出したものの、やはり故郷への思いというのは捨てきれなかったのが伝わってきます。11月から12月にかけて、寒さが日を追うごとに深くなる今の時季、太宰治の作品をおすすめされるのは、なんとなくわかる気がしますね。とりとめのない長文で失礼しました。
Posted by iloveyoueiji at 2014年11月08日 00:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。