夢は夜ひらく  [矢野沙織]

お亡くなりになった藤圭子さん。
本当に残念でした。
藤圭子さんの歌が大好きだった私は、とても悲しいです。



大好きな歌手の藤圭子さん。
思えば、
悲しい歌、どこか影があって、退廃的で、少なくとも人前では負の感情を露わにしないことに美徳を覚えるようになったのは、藤圭子さんの歌を聴いてからだと今更認識しました。

ビリーホリデーを知るより前に、きっとどこかで耳にした、
「十五、十六、十七と 私の人生暗かった」
の一節は、子どもながらに、何かタブーで、もうその年齢の女というのは充分大人なんだ、と感じていたんだと思いました。




確かに、思い出せば私の若さとは、明るくはじけて、みずみずしい美しさだけの清純なものではなかったのが事実でした。
十代の頃から二十一、二歳まで、日頃から「もうこんな気持ちになることがあるわけがない」と、自分にあったことから、小説の一説、何か思ったことなどをとにかくノートに書き溜めていました。
その中には、当然赤面必至なことも平気で書いてある、というかそれがほとんどですが、中には今では絶対に見過ごすような描写がいくつもありました。
私の「十五、十六、十七」は、ジャズミュージシャンになりたくて、それが叶って、CDを出してもらえて、初めて大きなタイアップの取れた重要な三年間でした。
今思えば苦労などは周りの大人しかしていないはずなのに、十代の多感さから、また幼い頃聴いた藤圭子さんの歌の強烈な印象から、私のそれらは暗いものでした。
もう大人なのだから、と背伸びをして。


これは私個人の習性ですが、好きなら好きなほど、その人の本質など見ないようにするんです。
なので、好きなミュージシャンやなんかの人のインタビューは読まないで、ありがたい写真だけを見るんです。
それで、勝手に「この方はこういう方だから…」と決めて、ファン活動を続行するわけです。


なので、私の中の藤圭子さんとは、若くして「怨歌」と評されるような歌を唄い、その怨みがスターになるにつれて薄れても、きっとそれはそれでご本人は幸せで、ぽいとビールの詮のように捨てられてもあっけらかんと笑い、というか美人だしそんな事は実際はなくて、男衆には姐さんとか呼ばれて、大所帯で昭和の新宿を闊歩して、男勝りの美人で…
という人物像でした。

それが合っていたのか違ったのかはわからないし、知ろうとしなかったのですが、私の中の藤圭子さんはもうこれからずっとそのままなのです。

夜という時間を夢にみた、クーラーもなかった幼い暑い夏の夜を思い出します。

でも少し大きくなると、実際は夜なんてただの夜で、何かいい事が起きるわけでもない。宵っ張りの胸騒ぎの中で、焦りと安堵を繰り返すと夜が白む。
そうすると決まって、諦めた朝が仕方なくどろりとやってくる。




そういう、私の現実と理想をリンクしてくれたのが、藤圭子さんでした。




本当にありがとうございました。

どうか安らかにお休み下さい。

矢野沙織
2013年08月23日17:51 | Comment(4)
この記事へのコメント
でも、なんで自殺なんだろう?
Posted by ANGEL at 2013年08月23日 21:13
 はじめまして。
 FB経由で伺い、一気に拝読しました。
 女性ならではの感性と、ファン心理を的確に描写される筆力に圧倒されました。
 男女の違いこそあれ、僕もその年代のころを思い起こしています。
 矢野を祈ります。
Posted by 仰天思考 at 2013年08月24日 02:55
あーめん!そーめん!
Posted by とりっぴー at 2013年08月29日 20:49
かなり久々に書き込みます。
藤圭子さん残念でしたね。
あの独特のブルース感が好きでした。

そして今夜は中洲JAZZにてこちらも久々に
矢野サックス(生)を堪能しました。
いやーよかった…

また福岡に来てくださいね。
県外でも九州エリアならなんとか出向きますのでw
Posted by いとこん at 2013年09月14日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。