父親が死んで  [矢野沙織]

父親が死んで、もうすぐ一年になります。



父親はいつでも滑稽でない程度の親バカで、私を愛していたように記憶しております。


父親が病気をしてから私が父親を看病をしてもそれは決して私の手を煩わすこともなくて、細腕の母親が朝から晩まで働きながら父親の気を紛らわし、それでありながら自らを美しく保ち、右往左往で立ち回っていたように見えました。
それでも母親は周りから、
「もっとやれるはず。」と咎められることが屡々だったのも、私は知らなかったとは言えません。


東京から病気の父親と、か細い母親、まだ大人になっていない妹を残し、私は引け腰よろしくこの遠い土地へ越してしばらくして父親を無くしましたが、その間に一度とて、
「年老いてゆく我々の世話はどうする気だ。」 などと主人に詰問する場面もなかったと聞いております。

昨年の10月に父親が彼の級友を引き連れて沖縄にいる私ら夫婦に会いに来ると行き勇んでおりました。
が、羽田空港までなんとかたどり着くやいなや、内蔵出血からくるひどい貧血で喀血し、にっちもさっちもゆかなくなり、当日午前にて沖縄行きを断念してそのまま有明の癌センター急病棟に入ったことがありました。

父親は来られなかったのか、とうとう死ぬのかな、と落胆するふりに従事していた私でしたが、父親の10月の予定渡航は私の誕生日の間近でありました。
私の体たらくを見ぬいて、母親が見繕った作りのよい上質な柔らかい皮を黒に染めたブランド入りの、小さく使い勝手のよい鞄を父親に託していた様で、
倒れてから1日経って父親とやっと電話を交わした時に、父親は、
「しまった。君への黒い皮の鞄渡しそびれた。」と言いましました。ので、私はそれを「ははは、」と笑い、そのうち取りにゆくさ、となるべく馬鹿みたいに答えました。

父親の誕生日は、私のそれの明くる日なのですが、どうしたものだか、その時の私には、もう二度と父親の足が立つことが無いのが解らず、アーミー使用の耳当てのついた丈夫な帽子を父親にプレゼントしてしまいました。
「ありがとう、ありがとう。」と言っていましたが、その時私は彼を直視しないでいたように思います。


昨年11月の台湾での仕事を終えて、すぐに父親のいる病室に行きましたが、父親は身体一つ小さくなってこそすれ、相変わらず
「やれ、あのブーツは素晴らしいんだよ。」
「やれ、日本はいつからこうなったのか。歴史を学べよ。」
「やれ、いついつの君の演奏はひどい。精進せよ。」
といつも通りの饒舌でした。


それから一度沖縄へ帰り、自分の体の疲れたのにばかり不平を言い、変わらぬ体たらくで過ごしておりました。

すると少しも間の空かないうちに、
「いよいよだ。」
と実家から連絡が入りました。
12月の頭に父親が実家へ一時帰宅するのに併せて帰京すると、先月までの憎まれ口はどこへ行ったか、骸骨にへばりついてやっと生きている様な父親は、ついぞ夢ばかり見ていました。
それから間もなく緩和ケアに入り、毎日見舞うと、朦朧とする意識の狭間で、
「君は天才だ。よくやった。」とばかり言うようになっていきました。
それは矢野家では有り得ないことで、何か私の華やかな仕事が決まる度に、
「なーんでまたアンタみたいのが‥」というような空気が常でしたし、私もそう思っていました。
だのに、父親はその時になって私を天才だと誉めそやし穏やかな顔をしました。

それから一週間くらい意識のほとんど無い日々が続き、ステロイドやモルヒネを使ってなんとかした様でした。
それから、ほんのある日からやたらに元気になり、一切を経口摂取していなかったあれそれを妙にやる気に飲食し始め、その元気が夜になっても治まらないとかで、夜のデイルームに連れ出し、いかにも普段通りに世の中を憂い、皮ジャンのいかに良いかを話し、今後来る混沌について砂嘴していると、橋の向こうの方で冬の花火が上がりました。
「やあ、良いものを観たなあ。こりゃ参った。来週も見られるのだろうか。」
と喜んでいました。

それが確か12月9日のことでしたから、5日後の小雨降る朝早くに父親は亡くなりました。

49歳でした。

正直申し上げますと、私は死に目になんて会いたくなかったわけです。
皆さんがどう思われるかは解りませんが、ともかく死に目になんて会いたくなかったのです。
望み叶って、間に合いませんでした。

父親に末期癌が解って丁度四年経っていましたから、私はこの来るXデーに、決して泣かないよう要調整してきたつもりでした。

心細い母親を支え、妹に気遣い、そんな長女で居るつもりでした。

最後のお湯に入れるときも、私はいつか父が言っていた
「どんな死んだふりでも、まつげをそろりとなぜると反応してしまって、ひとところにバレるもんなんだなコレが。」
というセリフを思い出し、執拗に父親の顔を撫で回しました。特に目元を。

ピクリともしない抜け殻を見て、
「この人は死んだのか。」
と理解しようとしました。

すると、今までの父の記憶が美化されて、現実味を奪い、私の脳は咄嗟に現実逃避を始めた様でした。

なるべく父の憎きを思い出そうとして、なるべく父の愚かさを思い出そうとして、泣くことを体一杯で拒否していたと記憶しています。


子どもを持てば少しは楽になるのでしょうか?

矢野沙織

saori_fa.jpg
2012年11月08日17:26 | Comment(14)
この記事へのコメント
こんばんわー、矢野さん。

自分は最近、亡くなった祖父について考えることがあります。いつも自分にやさしくしてくれた祖父はありがたい存在だと一人暮らしを始めて気が付きました。

矢野さんは子供に何か自分の代わりを託そうとしていますが、子供だった私の意見だと、しばらくしたら大学なり仕事なりで親元から離れます。ずっといるパートナーと寄り添うことで見えることはありませんか?
Posted by とりっぴー at 2012年11月09日 21:15
1ファンより。僕も2年前に父を癌で亡くし、その喪失感は今も体(心)に穴がぽっかり空いてます。僕も独身で、もし子供でも持てたら、この穴は塞がるのかなと同じ様に考えます。一緒に穴が塞がるの待ちましょう。
Posted by bpaamaai.sataanliangma at 2012年11月09日 22:51
こんばんは お久しぶりです
以前ライブによく足を運んでいた頃、お父様何度か拝見しておりましたが、ウエスタンハットを颯爽と羽織られたカッコいいお父様だったのを記憶しています
文章を読んでて、なんでもっとストレートに感情を表現しないのかな?と私は思いました
もちろん家族だから、照れがあったり、まわりの人の目があるとかあるのかもしれませんが、お父様が生きておられる間にもっと会っていた方が良かったかもしれません
ただ、こういう文章を書けて、気持ちの整理が少しは進んだように感じるので、後は時間と沙織ちゃん自身の行動や、先になるとは思いますが、お子さんにお父様の影?を見たら、わんわんと子供のように泣けばいいと思います
私がいままで見てきた限り、ファッションセンス(若かりし頃)や、映画のセンスとかはお父様の影響だったのか…と勝手に納得しましたが

書きにくい文章をブログで公開してくれて、ありがとう
Posted by DUGにいたアイツ at 2012年11月11日 03:07
矢野沙織さん、こんにちは。

お辛い記事を読させていただきました。
多分私とお父様は同い年です。
お父様はお若くして旅立たれたにもかかわらず
精一杯人生を前向きにされておられたことと思います。
いつか私にもその日が回ってくることは承知してますが
その時悔いのない人生だと言いきれる自信はないでしょう。
だからこそ今日1日を明日につなげるように生きています。
さてツアーに行きますよ。ブルーノートのチケット入手しました。
今回デートする相手は20歳の娘←今猛烈に口説いている最中。
未だに子供のようであり、
でももう大人なのかなっと複雑な心境です。
JAZZに全く縁のない娘に沙織さんの演奏曲中でも私の好きな
Everything Happens to Meを聞かせたら
「なんかエロい」って表現が帰ってきました。
是非今後も素敵なアルト聴かせて下さいませ。
私にとって沙織さんの曲を聞いてる時が一番リラックスできます。
Posted by 聖名 at 2012年11月14日 14:00
楽になりたいの? 子供をもつ事で親子に対する考え方などが 知らぬ間に変化する事はあれど 楽に成れるのは暫く先に となるかも まず子供とのあらたな関係も始まるからね また会える事を願いつつい つも応援してるよ 無理しないように…。
Posted by 悟@広島(司の相方) at 2012年11月15日 16:56
素敵な写真ですね。
こどもは本当に宝です。
今までの一切のつらかったことと全く関係なしにただ特別な存在になりました。子供を持つことに
悩みましたがきっかけを得ることができ幸運だったと今思っています。親の愛は何者よりも強い。
本物だと実感します。
応援しています。
Posted by Mi- at 2012年11月15日 22:00
矢野さん、お久しぶりです。
私は現在、二人の子どもに恵まれ楽しく日々の生活をしています。

時間が経過していけば、いい思い出だけが美化されて残っていくものだと考えています。矢野さんに対しても同様です。人はそうすることで、未来を信じて向かっていけるものだと思います。

何だかうまく言えませんが、私が伝えたいことがうまく伝われば幸いです。

人は強いものです。ご主人には弱い部分を見せながら明るい家庭を築いて下さい。

Posted by ishimasa at 2012年11月17日 17:04
矢野沙織 様

お父様を亡くされて・・・・
お悔やみを申し上げます。 私はあと7日で64歳になります。 14年前に妻を亡くしています。


昨夜福岡の「矢野沙織ツアー2012”Answer"」のライブに参加をさせていただきました。 お疲れ様でした!
大変楽しく拝聴しました。北九州市から友人と唯一の小学2年の男子の子供連れで5人で参加しました。 とても素敵な演奏をありがとうございました。


ジャズを聴くのが大好きで高じて、昨年1年間
音楽教室に通いました。アルトサックスでした。

しかし、講師の先生とあまりうまくいかず退会をしました。
でも、まだ習いたいと思います。

とってもステキナ演奏をありがとうございました。

益々のご活躍をお祈りいたします。


Posted by 元田宣久 at 2012年11月19日 20:55
こんにちは。先日の博多のライブで選定証にサインをしてもらった者です。その節は本当にありがとうございました。

私もちょうど一年前に母を亡くしました。
癌でした。(選定証のサックスは母が形見として購入)
心中お察しします。
悩み苦しみ後悔するのは人間の宿命なのでそれを受け入れ頑張るしかないのではないかと思います。あとはゆっくりだけど時間が心を癒してくれるのではないかと。
Posted by 稲村 英治朗 at 2012年11月20日 13:25
初めまして。
なぜか 矢野さんのページにたどり着きました。

なにげにブログを見て そして全文よませていただきました。

私の父は亡くなって4年になります。
悲しんでいる間もなく葬儀まで忙しく振る舞っていたのを思い出します。

あなたを知って是非今度 ライブを聴きに行きます。

では、おじゃましました。
Posted by わらがい としや at 2012年11月20日 17:14
ご親族を亡くされて深い悲しみにあることが良く分かりました。お父様の亡くなられた時も会いたく無かったのも沢山お父様を愛しておられたからのことと私は理解出来ますよ。でも、きっと時間がゆっくりと悲しみを和らげてくれるのだろうと思います。これからも演奏続けられることを楽しみにしています。
Posted by T.A at 2012年11月21日 12:36
さおりさん、こんばんは。

今日はとてもステキなライヴありがとうございました。

美声も披露して下さり感無量です。

娘はあまりにも衝撃が強く、すっかり沙織さんのファンになりました。

ミカハウスのライヴ懐かしく思いおこされました。

2年ぶりに益々磨きのかかったいい女性になりましたね\(^-^)/

またライヴ行きますね。
Posted by 聖名 at 2012年11月21日 22:22
STB139
Posted by のむのむ at 2012年12月06日 09:30
沙織さん! 昨夜は素晴らしいSTB139をありがとうございました。
日野お父様とのバトルも、沙織さんの美声も、そしてラストのビバップも、皆、素晴らしかったです。
特に、歌声を取り混ぜるスタイルは、矢野沙織さんに凄く似合っているし、かっこ良いです。
昨夜は、久々にかぶり付き(2列目)で観させて戴きました。8年前の銀座スウィングシティのカウンターかぶり付き以来。
昨夜は、沙織のお話もいっぱい聞けました。
ではまた、次回!
Posted by のむのむ at 2012年12月06日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。