休養に際しまして  [矢野沙織]

皆様

この度は公演中止を頂いてしまい大変申し訳ございませんでした。

演奏を楽しみにしていて下さった方々には、どうお詫びを申し上げても足りぬ思いでおります。
どうかまた耳を傾けて頂ける様、試行錯誤の日々を送っております。




福島第一原発が3月12日にはメルトダウンをし、タービン建屋よろしく日本を囲んでいた建屋も吹っ飛びました。
それからひと月程、屋根が吹っ飛んだ日本を連日見ていたら、ある日私は大変な混乱を起こしました。
放射能が怖くて、
正確に言うと、それを取り巻く作られた化け物達のせいで10年先もとい2年先が見える様で恐ろしくて大変に混乱致しました。

「これでは私はきっと立ちどころに頭が狂って無駄に過激な活動家みたいになっちゃうぞ。」
と感じた為に、
5月から沖縄へ移住致しました。

私は東京生まれ東京育ちで、

「私は綺麗な服も靴も沢山持っているから荷物が多くて大変だ。」
と、ずっと思い込んでいましたが、そんなこんなで根こそぎ越さなければならなくなりフとまとまった荷物を振り返ると、キンピカしていたのは一体何だったのか、それらはビックリするほどこぢんまりとした物でした。
同時に
「なんだ、私自体何も持っていなかったのか。
それにしては24年間の東京ライフ随分贅沢だったなあ。
果ては夢か幻か、なんつってーなんつってー。あはは。」
などと思おうとしたものでした。


そして沖縄へ来て落ち着いて自らの神経と向き合ってみると、あの愚鈍な私が軽い精神病にかかっていました。
これにはまたビックリ。
こちらは大丈夫です。
お陰様で日々良くなっております。

放射能恐怖で精神病になっていきなり沖縄に越す人、というのもまた極端な人間でしょうからまた説得力も無いのですが、私には沖縄に越す事でしか価値観に辻褄が合わせられなくて、の事です。

大変お恥ずかしながら、私は若い時から夢みがちで現を顧みることなく、好き勝手に親を泣かせてビバップをやっていましたから、所謂底学歴な上この性質のせいで学もございません。

だから私が勘違い神経質の頭パッカーン馬鹿女で、本当にテレビが言うことが真実で何事も無いなら万々歳なんです。

私のこれから発信してゆく事が事実と異なり「フウヒョウ」にあたるときは、喜んで謝りましょう。
理由は「本当に大丈夫なら超嬉しい。」から。
最初にそれを約束した上で発言してゆきます。

ただ私が知っている事なんて、別にテレビ(ここでは、『もう既に何京ベクレル漏れてるよ』等のニュースを指します。)やちょっとしたインターネットの記事レベルです。
それでもテレビやネットを引っ掻く程度で出てくる情報というのは、実際私を恐怖させ沖縄に移住させるには充分な内容でした。

まだ反原発の有名な先生が色々な情報を発していてそれを誰でも見られるので、そちらを参考にするべきで私が何だかんだ言えることではないですが、ひとつ確実に言える事は、
まず核自体が神の領域であって、それらの弊害は未だに理由も大して解らず全てのらせんを分断するんです。
この時点で、これは絶対に自然災害ではないのです。

何度も言いますが、私の考えが勘違いなら素晴らしいんです。
そうあって欲しいと毎日願っています。



それとは別に、
今日実は演奏復帰のお話ができます。
早速、ライブ日時会場は、
9月1日:カフェ・クレール
(私が14才の時、初めてライブをしたお店です。)

が決まりました。
随時スケジュールに上げていきますので、たまに見てみて下さい。

放射能恐怖は正義だとは思いつつも正直本当に、ライブをキャンセルして沖縄に越すなんて、
「一生休んでていいよ。」
と言われると思っておりましたが、また演奏の場を与えて下さった事に大変感謝しております。

皆々様
もしお時間が許せば、是非演奏会にお越し下さいませ。
精進致します。


では、
最後になりましたが、改めまして
この度は多大なご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

私は元気です。

また皆様にお会いするのを楽しみにしております。


矢野沙織


2011年07月01日00:18 | Comment(25)
この記事へのコメント
いや、ご無事で何よりでした...
直近のブログの内容がなんとなく引っかかっていたので御状態を案じておりました。

わたしは現在九州在住ですが福島、宮城、岩手...いずれも暮らしたことのある地で無論、知人も大勢いるわけで、、、精神力には自信のある?自分でもあの時からしばらくはおかしなことになりそうでした。

何はともあれ演奏できるほどに復調されたとのこと嬉しい限りです。くれぐれも無理されぬようマイペースで。まずは快気祝い?まで。

※九州も来てね。待ってます。
Posted by いとこん at 2011年07月01日 01:02
イエー!
Posted by 木許 at 2011年07月01日 04:02
体調復帰おめでとうございます。

札幌在住のファンです。
北からもしっかり見守っていますよ、
こういう時こそ、自分のテンポを
しっかりもって前へ進んでください。

ファンの皆さん、北からもしっかりと
応援サポートしましょうね!



Posted by ポロッコ at 2011年07月01日 17:33
沖縄民謡とのコラボ楽しみにしてます。
ごゆるりと。
Posted by issey at 2011年07月01日 21:15
軽い精神病・・・^^;;

自分も鬱持っていますが、治っています。

無理せず、ゆっくりと復帰してください。
Posted by いしゅと at 2011年07月01日 21:44
待ってたよー!
Posted by おかん at 2011年07月01日 22:53
しょうがない。

我々物理屋ですら、情報をしっかり提供できなかったのだから。

まあ、てっきり海外留学か?

と思ってました。

ので、いつまた寂しくなるか知れないとは、

覚悟しております。

どっちにしても、どこか地球上で素敵な演奏をしていてくれたら、

今の時代どこでも聴けますから!
Posted by halu at 2011年07月02日 12:07
矢野沙織さんの出身地-大田区在住のファンです。復帰おめでとうございます!

# 9/4 東京JAZZのチケット買っといて良かった〜!!
Posted by Satoimog at 2011年07月02日 21:25
Gloomy Sundayを聴きながら、
矢野さんってどんな方だろうと
ぐぐってみました…
若さにびっくり!!
沖縄にいらっしゃるんですねヾ(≧∇≦)//
私も沖縄なので、
ご覧のとおり、大変驚いております。

殺人的な日差しにはお気を付けくださいね♪
Posted by goobie at 2011年07月02日 23:46
仕事の関係で、自分も軽い鬱状態です。周りは、余り理解して接してくれない事もありますが、ゆっくり過ごす事も大事な事だと思います。私の場合、引越しなどではなく、サックスを始めました。まだまだ下手です。 何卒ご自分のペースで、活動を再開して下さい。 おめでとうございます。
Posted by Kobu1 at 2011年07月03日 07:29
御家族とごいっしょでしょうか?!
とすればそれがなによりです。

私も、突然父が肺がんで他界したあとは、しばらくPTSDのようでした。

妹や母はもっとつらかったかもしれないけど、彼女たちは同じ屋根の下で暮らしていたので、こころを支えあっていけたのだと思います。

「Knowing」って、ニコラス・ケイジ主演の映画でも、最後は家族といっしょ。
でも、一部の子供たちを、安全な宇宙に逃がしている。

遠い遠い将来、太陽系が、人間にとっての今の環境を維持できなくなるときが、必然的にやってきます。

それまでに、宇宙移住への道は開拓しておくことにはなると思います。

だからといって、放射能が拡散して人体に影響あるレベルに達するには、遠い遠い将来の懸念に過ぎないと、算段して、廃棄物を埋めるだけの技術のまま、原子力発電を利用するのは、すこしおかしいと思います。

これは、まるで、カジノ資本主義の発想と同じで、いつかバブルがはじけるわけですから。

放射性廃棄物を、放射能が無くなる形に変化させる、安定した技術があって初めて運用すべきという、判断だって正常です。

宇宙に行く前にできることはたくさんあります。それもその一つ。

南極に住めるようにするのが、火星に住むより先では?

余りに遠い遠い距離や時間への見積もりは、
おそらくカジノ資本主義の親友です。

>この時点で、これは絶対に自然災害ではないのです。

その通りだと、私も思います。

因みに今回の福島のケースでは、即刻
ウクライナかどっかの技術者の提案するように、すずや鉛を溶かして一旦放射性物質が外部に出ない処理をし、最後はその区域は、
日本の観光地となるようにモニュメント化するとよかったのではないかと、素人考えですが、思います。

本能的には、そんな方法が正常な反応だと思います。

ところが実際は、カジノ資本主義の悪友に強く影響されている結果なのかと、察します。


Posted by halu at 2011年07月03日 09:35
ウチナーぐちでは「命どう宝」(ぬちどうたから)、そう、命あっての物種というさ〜。
ゆっくりテーゲーに。今はがんばってはいかんよ。
こういう時は連れ合いと家族の愛が一番いい薬。
あなたの人間としての世の中に対する感性は間違ってないから、安心して自分らしくやればいいのさ。でもそれはもう一度言うけど、今は無理せずゆっくりね。
仕事より大切なこといっぱいあるし、身近な家族を大事にしてね。
それにしても9月1日はライブを見るというより、久しぶりにお会いできるのが楽しみですよん。ライブそのものは気楽にやってちょ。
あっ、それから飯田橋駅のそばにアットホームな小さな沖縄料理屋があって“シマソバ”がおいしいっすよ。
Posted by 見機 望 at 2011年07月03日 11:16
沖縄に移住! びっくりです。放射線怖さに日本の端まで行って居を移してしまうその行動力がすばらしい。しかもその年齢で。なかなかできることではありませんぞ。こういう言い方は何ですが、矢野さんの演奏する音楽と同じくらいその逃げ足の速さに感動しました。演奏再開はうれしい限りですが、まだ東京近郊では放射能が目に見えぬ堆積を重ねているように思います。ご無理なさらぬよう。
Posted by puyoemon at 2011年07月03日 18:06
待ってましたよ。

ライブ楽しみにしています。
旦那さんも沖縄に行ったのかしら?
旦那さんがいるのだから最悪のことは無いだろう(大袈裟でゴメンナサイ)とは思っていましたが、ブログの内容が張詰めた感が強かったので正直心配していました。

次休む時は出産のときかしら。

何はともあれ今後も私たちを楽しませてください。

Posted by ぬらりひょん at 2011年07月03日 22:03
今年は長崎には(佐世保には)来られないようでしたので、
残念に感じておりましたが、元気にお過ごしであれば何よりです。

それにしても、沖縄とは思いもしませんでした。
ゆっくりと静養してくださいね。
既に真っ黒になっていたりして・・・(笑)

原発の問題について個人的に思う事は、結局電力不足が招く正当性にすり替えられ、完全に安全とは言えないが努力すると言う言葉で無理やり安全を押し付けられて、日本国民は子孫を危険にさらす事になるのかもしれないと感じています。

自治体の財政事情や、原発によって生活を立てておられる方もいらっしゃいますから、わからないではないのですが、出来ない理由や正当性を笠に何の努力もしないのはどうなんでしょうね。

長崎県は被爆国日本の中でも、広島と同じく被爆者が多数存在している県です。
私は佐賀の原発は佐賀県だけの問題ではないと感じていますが、どうも周辺の自治体も長いものにまかれてしまっているのではないかと危惧せざるをえませんね。大臣の話など数年先まで考えての発言とも思えないのですがねぇ。

何はともあれ、私に出来る事は、矢野沙織を応援する事と、被災者の方々へ僅かばかりの募金をする事くらいです。

稚拙な文で長々と失礼しました。
Posted by tyata at 2011年07月03日 23:31
鈍感になれれば少し楽になるのでしょうが、急に変われるものではありませんものね。

ゆっくり、心も体も癒してください。

ずっと走り続けてきた矢野さんへ、神様がくれた休暇なのかもしれません。
Posted by ことら at 2011年07月04日 07:46
私は放射能が怖くて海外まで逃げました。
まだまだ未来のある若い矢野さんが沖縄に逃げたことは、勇気ある決断だと思います。
ぜひがんばって下さい。
Posted by りんご at 2011年07月04日 09:00
よかった…元気な姿を…TVで見られそう。だけど、無理しないでくださいね!!
Posted by りこ at 2011年07月04日 15:44
毎日毎日、待ってました。
活動復帰は、何より嬉しいニュースです(^^)
また沙織さんの音楽を楽しみに、日々過ごしていきます!
Posted by ふーこ at 2011年07月04日 20:59
安心したよ!
活躍期待してます♪( ´▽`)
Posted by たかひろ at 2011年07月09日 20:28
タイミングからして震災が原因とは思っていましたが、親近者の不幸あたりかと思っていました。
またその直前の矢野さんのブログの跳びっぷりは、何か危機を暗示していた様にも見えました。
10年程前に銀座スウィングシティでツーショットを撮って貰い、当時からずうっとファンですが近年のサウンドのぶっ飛び具合は本当に感銘してました。ですので、復帰初日も東京JAZZも必ず行きます。とにかく当時はナベサダにもパーカーにもかなり近い存在になるだろうと思っていました。
音楽家に限らず芸術家は、才能のある人ほど思慮深く、凡人には理解出来ない行動に陥る場面を皆、よく知ってます。
だから、沖縄に行ってた事は誰も批判などしないだろうし、ただただ復帰が嬉しいばかりです。僕らではなかなか聞けない裏の真の情報も色々入っているのでしょうね。
皆、エネルギーを、物を無駄遣いして、それが幸せと錯覚してるのです。日本人は。
これだけの事があったのに、生活を変えた人はほとんどいません。本当にめでたい国民です。原発を全部動かして全部事故って、日本に住める場所がなくなるまで変わらないでしょう。原発は事故っても生活に影響のない広大な国土を持つ国しか運転出来ないものです。それでも世界中に放射能をバラまいてしまいますが。
僕はチェルノブイリの時に自作したガイガーカウンターを3.11以来いつも持ち歩いています。幸い、東京は極端に多くなった時はありません。
今日からお台場合衆国で太陽光発電の運転を開始させました。
Posted by のむのむ at 2011年07月10日 14:57
いいですよ!

君はもしかしたら、パーカーが少し入っているかもしれないと前から思ってました。

今の自分に自信を持ってください。
もっともっと、かっとんだプレイヤーになってください。
ジャズなんて常識人じゃできないよ。

まあ、ただ、こんな時代だから周りを気にしすぎるとやんじゃうわけで、そこはほどほどに聞き流しときなさいよ。

すんごいテクニックがあるからジャズじゃないよ。
あなたは、このままのスタイルでいったら本当おジャズプレイヤーになれるかもよ。

プロデューサーの方々にお願いします。
彼女は今の音楽界では扱いも大変かと思います。
でもどうか、大事に見守ってあげてください。
パーカーがそうでしたからね。
Posted by Hiramasa at 2011年07月15日 12:51


それはすこし、違うんでは?

と思いました。

お休みとなるまでのプロセス次第でしょう。

勝手に行方不明になったのではない限り、

今回の震災は、例外です。

年に1回ならまだしも、数百年に1回の可能性もありました。

これ自体、可能性を二重に使用していて、
やや語弊のある表現ですが、

人生に1度あるかないかの震災です。

3・11当日、会社から徒歩で家路に向かう私は、それでも仕事を続けていた、会社のビルの窓に見える上司が変人に思えました。

真逆の反応をする人もいるんだなあ・・・
ということも、想定の範囲内ですが。

これだけは、わかりません。
あれからしばらく、余震があるごとに、
イチローの盗塁よろしく、非常口に向かう体勢を繰り返し作っていた私には。

会社の為に死ぬなんて、あり得ません。
Posted by halu at 2011年07月17日 09:56
こんばん・・・おはようございます・・ですね。

大昔まだ新宿のDUGで演奏してた頃よく見に行っていた者です。
よく前列のほうに運良く座らせていただき、今もジャズ自体は大好きで月1くらいは行っております。
たまたま報道ステーションが始まった時にテレビにでていて、オープニングテーマを吹くというので、ネットで検索したら私の働く新宿で演奏が聴ける・・・というので、足を運んだのがDUG。こんな近距離でテレビに出てた子を見れるんだ〜と思ったのと同時にそれまで好きだけれど、あまり詳しくなかったジャズに目覚めさせてくれたのがあなたなんですよ。
今はへたくそながら、トランペット習ったりしておりますが、あなたとデュオなんて数百年後地球が石器時代に戻ったくらいにならないと無理っぽいですけどね。

たまたま数日前夢にあなたが登場して、久々にミクシィのコミュで見たら活動休止と書いてあったので、こちらに飛んできました。
まぁ、私は相変わらず新宿で働いていますが、あなたのことだからてっきりNYあたりにでも行っちゃったのかと思ってましたが・・・タクシードライバーになって夜な夜な不眠症と戦いながら、イエローキャブを転がす奴ね。
復帰の場所がカフェクレールというのも泣けますね。
なんだかんだ言ってもやっぱり人はそういうところで繋がっているんだと思いますよ。

しかし、あなたの文章読んでると変わってないなと思います。いい意味で。
最近好きでよく見てる「桜 稲垣早希」という女芸人の子となんかかぶるな・・・いい意味で俺も好みがぶれてないってことか?(笑)

でも、まぁいろいろショックな出来事があって、今は心が疲れているだけだと思うので、ゆっくり休んでくださいな。
サックスがあればどこでだって演奏は出来るモンね。
あなたはあなたらしく生きる道をもうずっと前に選択してるんだから、自由にいこうよ。

またいつか会場で会える時があればいいねぇ
たまには中平さんにも連絡してあげてくださいね。
Posted by DUGでみたあの頃 at 2011年07月25日 06:14
初めてコメントさせていただきます。
8/19台北での野外コンサートの出演者名に矢野さんの名前を発見したので、おおっこれは!と思いブログを拝見したところ、大変な状況のようでしたので、思わずコメントさせていただいている次第です。20日にはMichelle Camiloのコンサートも台北で開かれ、これまでにない大物が台北に来ているのでうれしい限りです。ぜひお越しいただけるよう期待しています。台湾駐在中の一日本人より。
Posted by Shin at 2011年07月26日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。